にじや質店、感染防止徹底の質店

検索

にじや質店、感染防止徹底の質店

2016年07月06日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターホンで接客、噴霧器で消毒

にじや質店(運営:クリエイティブファクトリー、東京都青梅市)は、コロナ感染対策に万全を期している。不要不急の来客をシャットアウトするほか、接客ごとに店内を噴霧器で消毒するなどしている。

不要不急の来店を断っている不要不急の来店を断っている

同店がコロナ対策を始めたのは3月上旬。佐々木英明社長はクルーズ船での感染を知り、国内で拡大すると直感したという。

佐々木英明社長佐々木英明社長

当初は接客スペースにアクリル板を立てるのみだったが、「自分が感染したら店舗は運営できなくなる」という思いから対策を徹底。行ったことは、次の10項目。

  • 1.毎朝店内と質蔵を1時間消毒
  • 2.来店客はインターホンで1次接客し、応対が必要なお客のみ店内に招く
  • 3.マスクのないお客にはマスクを渡す
  • 4.接客時間を約3分の1に短縮
  • 5.お客のスペースを「レッドゾーン」、スタッフのスペースを「グリーンゾーン」とし、アクリル板で完全分離
  • 6.質草を消毒
  • 7.買取品は2週間密封し無毒化
  • 8.接客後にお客のスペースをアルコール消毒し、スタッフのマスクと手袋を取り替え
  • 9.お客のスペースを換気扇で負圧
  • 10.お客の立つ場所にアルコール500㏄を染み込ませたマットを配置。

店内俯瞰図店内俯瞰図

それまでは接遇を重視した運営を行っていたが、現在は接触を最小限にする方針。

「はじめは驚かれたが4月以降は"安心"という声が増えた」(同氏)。初期投資はアクリル板など10万円程度だったという。コロナ終息まで対策を続ける。

第490号(2020/6/25発行)14面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top