コメ兵、新宿にレディス店オープン

検索

コメ兵、新宿にレディス店オープン

2020年07月08日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい生活様式の店づくり
KOMEHYO SHINJUKU WOMEN(東京都新宿区)

6月5日、新宿駅東口に「KOMEHYO SHINJUKU WOMEN」がオープンした。

地下1階から4階までの1400平方メートル超のフロアには、9500点もの商品が並ぶ。人気のシャネルのヴィンテージファッションも約100点揃えるなど、ファッションに力を入れた店づくりとなっている。

新宿駅東口には買取とジュエリー・時計の「KOMEHYO SHINJUKU」と「KOMEHYO SHINJUKU MEN」があり、同店のオープンにより3店舗体制が整った。

KOMEHYO SHINJUKU WOMEN

 

以前の新宿店では、ブランドバッグやジュエリーなどのイメージが強く、衣料品も販売していることが認知されにくかった。

新しくオープンしたこの店では、1階の路面フロアに、バーバリーやコムデギャルソンのアパレル、バレンシアガやプラダなどのバッグを陳列。カジュアルな雰囲気にし、20代後半以降の若い女性もターゲットにしたい考えだ。商品の見せ方も、気軽に手に取って触ってもらえるよう、ガラスケースに入れる商品の数を減らした。

アパレルも多く、カジュアルな印象の1階アパレルも多く、カジュアルな印象の1階

オープン商品として、シュプリームとルイ・ヴィトンがコラボしたトランク「Malle Courrier 90 Trunk」(販売価格1300万円)も展示されていたオープン商品として、シュプリームとルイ・ヴィトンがコラボしたトランク「Malle Courrier 90 Trunk」(販売価格1300万円)も展示されていた

「商品の情報はECサイトからも得ることができます。リアルな店舗でしか提供することができないのは買い物の楽しさ。それを意識したフロアづくりをしています」とマーケティング統括部営業企画部長の吉田浩之さん。

什器もシンプルなものにし、主役である商品が映えるようにした。この店舗では買取フロアは設けず、買い物に集中できる空間になっている。

1階にはポップアップストアのスペースも設置。コスメなど同店の客層に合った商品紹介に利用してもらい、来店のきっかけを増やしたいと考えている。

1階のポップアップストアのスペース。オープン時には1990年後半から2000年前半にHERMESのデザイナーとして活躍したMARGIELAのコレクションを展示1階のポップアップストアのスペース。オープン時には1990年後半から2000年前半にHERMESのデザイナーとして活躍したMARGIELAのコレクションを展示

オープンに先駆け、コメ兵で初となるオンライン接客も実施。新しい生活様式に合わせた接客方法を模索している。

4階はエルメス、シャネル、フェンディなどのバッグのフロア4階はエルメス、シャネル、フェンディなどのバッグのフロア

3階はシャネルなどのアパレルのほか、ルイ・ヴィトンのバッグコーナーも充実3階はシャネルなどのアパレルのほか、ルイ・ヴィトンのバッグコーナーも充実

2階は海外ブランドのアパレルやサンダルなどを数多く陳列2階は海外ブランドのアパレルやサンダルなどを数多く陳列

地下1階のジュエリーのフロア。ショーケースの中央にスタッフが入るスタイルにはせず、その分、商品を多く陳列している地下1階のジュエリーのフロア。ショーケースの中央にスタッフが入るスタイルにはせず、その分、商品を多く陳列している

新しい生活様式に合わせて、オンラインでの接客

コメ兵では店舗休業中にオンライン販売に注力。電話注文を含めた純通販は、売上金額で前年比135%、点数で180%。中でも、ECに不慣れなお客からの「電話注文」の件数は、前年比220%と大幅に増えた。宅配買取も新規利用件数が1.5倍(2019年4月と2020年4月の比較)と大幅に増加している

6月5日のオープン以前に、非対面型のオンライン接客を導入。一部の顧客を対象に、スマホのカメラで店内を写し、スタッフはお客の顔を見ながら案内していた。一足先に内覧してもらうことで、来店のきっかけにつなげていた6月5日のオープン以前に、非対面型のオンライン接客を導入。一部の顧客を対象に、スマホのカメラで店内を写し、スタッフはお客の顔を見ながら案内していた。一足先に内覧してもらうことで、来店のきっかけにつなげていた

マスクの着用や消毒、検温を呼びかけるボードマスクの着用や消毒、検温を呼びかけるボード

各階のレジ前にはお客同士が間隔を確保できるように床にマークを設置各階のレジ前にはお客同士が間隔を確保できるように床にマークを設置

お客とスタッフが対面するレジや個別のブースにはビニールカーテンを設置お客とスタッフが対面するレジや個別のブースにはビニールカーテンを設置

入口専用ドアと出口専用ドアを決め、出口専用の場所からは入れないようにした入口専用ドアと出口専用ドアを決め、出口専用の場所からは入れないようにした


店舗データ
  • ●オープン/2020年6月5日
  • ●商品点数/約9500点
  • ●店舗面積/1432平方メートル
  • ●商品構成/衣料品約4200点、ヴィンテージ約200点(内シャネル約50点)、バック・小物約2100点(内ヴィンテージシャネル約50点アパレルブランド除く)、宝石・時計約3000点
  • ●スタッフ数/約40人(アルバイト含む)

第490号(2020/6/25発行)17面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top