EMUS、タオバオライブで月2千点販売

検索

EMUS、タオバオライブで月2千点販売

2020年07月14日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リユース20社が宝飾・時計供給

中国大手ECサイト「タオバオ」でライブ販売を行うEMUS(東京都台東区)が、日本のリユース店や質店からの在庫供給を通じ、取引実績を伸ばしている。現在20社と連携し、月平均2000点のジュエリーや時計を販売。30代女性を中心に20万人の中国人の消費者に訴求している。

EMUSは2017年設立。同社の謝玉婷社長は16年に個人事業主としてタオバオライブを開始し、翌年に法人化した。現在タオバオに「fishbaby」の店舗名で5つのアカウントを運営。20人の社員がライブ販売でバイヤーを務めている。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第491号(2020/7/10発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top