47インキュベーション、余剰オフィス家具を個人向けに訴求

検索

47インキュベーション、余剰オフィス家具を個人向けに訴求

2020年07月24日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古オフィス家具のマケプレ

企業不要品を個人向けに訴求

現在はオフィスチェアの取引が可能現在はオフィスチェアの取引が可能

オフィス家具ECサイト「kagg.jp」運営の47インキュベーション(東京都渋谷区)が新たにマーケットプレイスを開始した。kaggマルシェという名称で、β版では中古オフィスチェアの取引を行う。個人による在宅用の購入ニーズと、企業によるオフィス家具売却ニーズをマッチさせる。

在宅ワーク浸透で企業がオフィスを縮小し、余剰オフィス家具が生まれている。オフィス賃貸契約は一般的に半年前の解約予告が必須であることから、即時売却より高く売れるフリマアプリ形式のニーズが増えると同社は見込む。現在企業からの出品を受け付けるほか、出品代行にも対応。古物事業者も業として販売を行える。7月10日時点で同社在庫のチェアが40脚程度出品されている。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第492号(2020/7/25発行)1面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top