はとや、中古バイクをバーチャル展示

検索

はとや、中古バイクをバーチャル展示

2020年10月04日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EC画像を3D・360度撮影

埼玉でオートバイ販売店を8店展開するはとや(埼玉県川口市)が、「バーチャル展示」を試みている。排気量250cc超の大型中古バイクを対象に、3D・360度撮影した画像をECサイトに掲載。2Dでは伝えづらかったボディの凹みやタイヤの摩耗具合を立体表現でき、現物確認のための来店を減らしている。コロナ下での新しい販売手法として浸透を図る。

5234_01.jpg撮影の様子

同社は7月末より、Fyusion Fyuse 3D 360°と呼ばれる撮影技術を導入。この技術は、米国のFyusionという企業が中古自動車業界向けに開発・提供しているもの。これの日本での導入例は、はとやが初という。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top