SNS実態調査、どう使いこなす?

検索

新型コロナウイルス対策に伴う当社の対応について

当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、従業員の原則在宅勤務を実施することにいたしました。

皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

各種お問い合わせにつきましては「お問合せフォーム」での対応とさせていただきます。

「SNS実態調査」

SNS実態調査、どう使いこなす?

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNS実態調査

個人にも企業にとってもSNSの利用が日常となった今、リユース業界での活用実態はどうだろうか。各企業や店舗にうかがい、活用ぶりや投稿する上での独自の工夫を聞いてみた。

facebook
  1. 商材構成、業態:主に貴金属(18金、インゴット、プラチナ)、他に家電、ゲーム機、大工道具等の買取り、質預かり
  2. 従業員数:6人
  3. 活用SNS:フェイスブック
  4. フォロワー数:91人
  5. 投稿頻度:毎日
  6. 運用体制:金相場はパートスタッフが、営業時 間などお知らせについては社長か役員が投稿

高山質店

(福岡県筑紫野市)

高山質店

同業者の情報収集や
ヤフオク!販売に

高山質店では2018年よりSNS活用を開始。買取顧客の獲得のため、金の買取相場を毎日アップしている。また、「フェイスブックでは同業者の取り組みが写真付きでわかるため、情報収集や勉強にも使っている」(古賀美幸社長)という。そのほかには、ヤフオク!出品時にも情報を発信する等活用している。質店に興味のない人や知らない人に向けた発信をどう行い、新規獲得に繋げるかを課題としている。

instagramfacebooktwitter
  1. 商材構成、業態:古着店
  2. 従業員数:150人
  3. 活用SNS:インスタグラム、フェイスブック、ツイッター
  4. フォロワー数:インスタ3万4000人、フェイスブック3200人、ツイッター1万6000人
  5. 投稿頻度:1日に1~2回必ず
  6. 運用体制:担当制ではなく、出勤している店舗スタッフが更新

JAM TRADING

(大阪府大阪市)
JAM TRADING 福嶋政憲 社長福嶋政憲社長

「リール」活用、
動画と投稿を組み合わせ

JAM TRADINGではお客との接点づくりのため、セール情報を伝えている。インスタ内機能のリール(動画コンテンツ)を投稿と組み合わせ、工夫している。インスタライブも活用することで「店舗の楽しさを表現することも大事」(福嶋政憲社長)。フォロワーから問い合わせがあった場合にDM機能を用いて値段、サイズ、在庫状況などについて説明したり、インスタライブを通してお客と会話したりもする。ツイッターは09年より、インスタは15年より開始。

instagram
  1. 商材構成、業態:バッグ、時計、ジュエリーなどブランド全般の買取・販売店
  2. 従業員数:10人
  3. 活用SNS:インスタグラム
  4. フォロワー数:101人
  5. 投稿頻度:ほぼ毎日
  6. 運用体制:特定の2~3人が投稿

エコノマート

(岩手県盛岡市)

エコノマート

「状態悪くても買い取ります」

イオンモールに店舗を構えるエコノマートでは以前はブログでのみ情報発信をしていたが、2年程前よりSNSを活用し露出を高めている。50代以上がメインだった客層を30~40代にも広げようとしている。様々な買取商品を紹介することで、「状態の悪い物でも買取りできることを知って頂きたい」(渡辺篤副店長)という。商品紹介のほか金相場の変動情報を一緒に投稿することもある。コロナで来店増が見込めない今、SNSから直接購入に繋げる仕組みを検討している。

instagram
  1. 商材構成、業態:時計、貴金属、ブランド品等の買取専門店
  2. 従業員数:1人
  3. 活用SNS:インスタグラム
  4. フォロワー数:76人
  5. 投稿頻度:不定期

シェルバード

(青森県青森市)

シェルバード

買取顧客との関係持続を

シェルバードでは、買い取った物の中から状態の良い物を厳選しインスタグラムで詳細を説明している。例えば時計であれば、キャリバー(腕時計のムーブメントを管理するための型番)が珍しいものについては明記し、マニアから目を留めてもらえるようにする。「買取りのお客様から、お店への信頼を持って頂けるように。またリピートしてご利用頂けるように」(石川恭輔社長)と、4年前にSNSの活用を始めた。

第505号(2021/2/10発行)14面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top