月暈、Twitterで古着プレゼント企画「フォロワー1.5万人」

検索

「経営ノウハウチャンスを掴め」

月暈、Twitterで古着プレゼント企画「フォロワー1.5万人」

2021年04月04日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
経営ノウハウチャンスを掴め 古着のEC販売の月暈(山梨県南アルプス市)はTwitterで古着プレゼントの企画を行いフォロワー数1.5万人とファン作りに成功している。コロナ禍でも月平均売上150万~200万円を売り上げた。

Twitterでファン作り

古着プレゼントでフォロワー1.5万人

企画使用時のイメージ画像企画使用時のイメージ画像

「古着プレゼント」興味関心を獲得

SNS運用開始から約4年、当初から行っていることがTwitterで行うプレゼント企画だ。従業員数は3名で、運用は荻野敦生社長が行う。具体的には対象者1名に同社の古着を新たに買付け、プレゼントするというもの。参加方法は同社アカウントをフォロー+対象のツイートを期限内にリツイートするだけと、シンプルなものだ(Instagramフォローや引用リツイートで確立が上がる)。当選者はこれまで購入のない新規客や顧客を中心にランダムで行っている。対象のツイートに自社ECサイトのURLを添付することで顧客動線を作っている。「運用当初、古着屋でプレゼント企画を行っている企業は少ないことから目新しさがあり、反響を得た」(荻野社長)。

ツイートで使用する画像はデザインやシルエットが個性的な商品を選び、スタイリング画像を添付する。また同氏が選んだおすすめ商品を1日5点限定でSNSに投稿。告知投稿した商品は毎日午後10時にオンラインサイト上にアップを行い、特別感を演出している。投稿する際は、商品だけではなくスタイリング画像も一緒に投稿を行うことで着用イメージが持てるためフォロワーの増加と購買促進に繋がっている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第508号(2021/3/25発行)13面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる