Ekuipp、中古計測器マケプレ2割成長 コロナ下で資産見直しの気運高まる

検索

Reuse×Tech 2022

Ekuipp、中古計測器マケプレ2割成長 コロナ下で資産見直しの気運高まる

2021年04月07日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古計測器などを売り買いできるマーケットプレイスを運営するEkuipp(エクイップ:東京都大田区)は、同マケプレの流通量を年率2割ほどのペースで伸ばしている。コロナ下での資産見直しやSDGs意識の高まりが後押しとなり、遊休状態の機械を売却するメーカー企業が増えているという。

中古計測器などのマケプレ「Ekuipp」.png中古計測器などのマケプレ「Ekuipp」

マケプレの「Ekuipp」は18年に開始。現在、中古の計測器、分析機器、工作機械などが常時3000点ほど出品されている。利用者には機械を直接使っているメーカーや、リユースの企業が約250社おり、月間数百万円の流通がある。同社では取引額の15%を手数料として得、収益を上げている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる