思い出のランドセル、リメイクによって新しい価値を生み出す

検索

Reuse×Tech 2022

「リメイク通信」

思い出のランドセル、リメイクによって新しい価値を生み出す

2021年06月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう使わないランドセル。家にあれば場所をとってしまうが、思い出いっぱいで捨てるのは忍びない―。そこで今、リメイクによって新しい価値を生み出し、捨てない選択肢が広がっている。

思い出のランドセル、捨てずにバッグや小物に

スネイカー

「かぶせ面」最大限活用大人っぽいデザイン

人気の5点セット人気の5点セット

革製品専門店のSNAKER(神奈川県藤沢市)は2013年からランドセルリメイクを手掛け、現在はひと月で約70件の依頼をこなしている。

ロングウォレットや名刺入れ、眼鏡ケースや写真立て、キーホルダーやベルトループなどリメイク製品の種類は様々だ。ランドセルの「かぶせ面」を最大限利用した小型バッグが独自品として認知される。いずれも「大人っぽい」デザインを特徴としている。

これまで40件近く取材を受けて知名度を高めた結果、インターネットを経由して全国から注文が舞い込む。客層は男女半々で、小学校を卒業したばかりの子どもを持つ親が多い。他にも、子どもに成人祝いとして贈るために利用する人や、自身が使っていたものを持ち込む人もいる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第513号(2021/6/10発行)12面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる