海外の2次流通【番外編】、ニューヨーク発ヴィンテージ着物リメイク

検索

「海外の2次流通」

海外の2次流通【番外編】、ニューヨーク発ヴィンテージ着物リメイク

2021年12月01日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SAI JAPAN VINTAGE(サイ ジャパン ヴィンテージ)は日本の伝統的な着物文化からインスピレーションを得て、2020年にアメリカ・ニューヨークでスタートしたファッションブランドだ。

欧米目線の自由な発想でカジュアルに

SAI JAPAN VINTAGE
(サイ ジャパン ヴィンテージ)

ジャケットとパンツジャケット(左)とパンツ(右)は袖口とベルトだけに着物を使い、動きやすく耐久性の高いカジュアルウェアになっている

自由に着物を楽しむ外国人を見て2020年にニューヨークで立ち上げ

運営会社であるエスエスネット代表の酒井彩氏は28歳。ニューヨークのシューズカンパニーで働いていた頃、自由な発想で着物を楽しむ海外の人たちを目にして、「日本では着物の需要が減っているけれど、日本文化の一つである着物にはさらなる可能性があるのでは」と思い、2020年にSAI JAPAN VINTAGEを立ち上げた。

ブランドの最大の特徴は欧米人目線のデザインで作られていることだ。立ち上げ当初はアメリカ人にデザインを委託し、サンプルを作っていた。「ジーンズやチノパンにも合う、カジュアルで街着になる服をコンセプトにしています」と酒井代表。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第524号(2021/11/25発行)21面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる