3peace、平塚市に300坪の広さで展開している卸倉庫を訪ねた

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

3peace、平塚市に300坪の広さで展開している卸倉庫を訪ねた

2021年12月04日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

噂の企業を訪問!

US古着を扱う、3peace(スリーピース・神奈川県茅ヶ崎市)の卸倉庫を訪ねた。平塚市に300坪の広さで展開している。タイから毎月6万着を調達し、卸で月5000万円前後を売り上げている。大手企業から個人事業主まで、幅広い層が買い付けにやって来ている。

平塚に300坪、US古着6万点の卸倉庫

ベール、ピック、アソート・・・買付け自由

2階の通路からの風景2階の通路からの風景

神奈川・平塚にあるスリーピースの倉庫には、US古着が300坪の広さに6万着も並ぶ。世界の古着が集まるタイで現地のピッカーを雇い、日本人好みの古着のベール(梱包物をひとまとめにして圧縮したもの)作りをビデオ電話で教え込んでいるというのだ。

ザノースフェイスやナイキなどのアウトドアやスポーツ、またミリタリーなど取扱うブランドは幅広く、1点平均の卸価格は1650円(税込)。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第525号(2021/12/10発行)10面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる