リユース市場予測2022~市場を読み解く5つのキーワード~

検索

リユース市場予測2022~市場を読み解く5つのキーワード~

2022年01月06日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20220110_01タイトル.jpg

リユース市場規模の拡大や認知が広がる中、リユース企業にはより高度な施策が求められるようになってきている。コロナで生まれた新たな生活様式や技術革新、環境問題など社会の変化に対応するため、リユース企業により一層の進化が求められている。本紙新年号の特集企画として2022年を読み解く5つのキーワードを紹介する。

コロナ3年目攻めと守り両輪で

新型コロナウイルス感染拡大が世間を席捲した2020年から2年が経過し、3年目を迎えようとしている。長引くコロナに翻弄されながらも、新たな生活様式に消費者も企業も対応を図ってきた。コロナ終息の予測は非常に難しい状況でVUCA(ブーカ)時代とも言われている。

VUCAとは、変動性、不確実性、複雑性、曖昧性の英語の頭文字を取って並べたものだ。半導体不足に象徴されるように、コロナによって新たな生活様式に対応するために需要が変動、一方でサプライチェーンは混乱し需給バランスが崩れ、新品市場の品不足が中古品の市場にも大きな影響を与えている。また、コロナがいつ終息するか予測不能で、都市部への客足の戻りやインバウンドの回復がいつ訪れるのかも分からない中、千載一遇の好機と捉え、格安となった好立地物件に出店するリユース企業もある。大型店舗の出店など投資額が大きい動きは鳴りを潜めているものの、リスクを回避しながら攻めの戦略を取るリユース企業が多く、今年もそうした動きが続きそうだ。

そんな予測不能な時代にあえて、2022年のリユース市場を読み解くキーワードを挙げたのが、左の図にまとめた5つだ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第527号(2022/1/10発行)1面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる