エスエヌシー、データ消去におけるトレーサビリティとエビデンス確保に配慮したシステムを提供

検索

「Reuse×Tech」

エスエヌシー、データ消去におけるトレーサビリティとエビデンス確保に配慮したシステムを提供

2022年03月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古PCを販売するエスエヌシー(SNC・大阪府大阪市)では、データ消去におけるトレーサビリティとエビデンス確保に配慮したシステムの提供を始めた。IT機器の扱いを主としないリユース業者にも利用を広げていく。管理を正確に遂行することでデータ流出を防げるほか、作業効率の向上にも役立つという。

データ消去管理を正確に

リユース業者にシステム提供

PC用の管理画面PC用の管理画面

SNCが自社内で開発し利用してきた「データ消去デバイス管理システム」を、企業ごとにカスタマイズした上で外販していく。

利用の流れは以下のイメージだ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第530号(2022/2/25発行)19面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる