三陽商会、革靴回収プロジェクトを直営5店舗で実施

検索

三陽商会、革靴回収プロジェクトを直営5店舗で実施

2024年01月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大手アパレルメーカーの三陽商会(東京都新宿区)は、企画販売する紳士靴ブランド「三陽山長」にて、履かなくなった同ブランド革靴の寄付を募集し、リペア後に認定中古品として再販する「三陽山長をはいた猫」プロジェクトの第2弾を実施する。期間は2月1日~29日の1ヵ月間で、直営5店舗で行う。

山陽商会、革靴回収プロジェクトを直営5店舗で実施

三陽商会、革靴回収プロジェクトを直営5店舗で実施

2022年に実施した際は約1ヵ月半で18足の革靴が寄付され、12足が「三陽山長」認定中古靴として販売に至った。同社は2022年より障がいのある若者を靴磨き・靴修理職人として育成する「革靴をはいた猫」と提携し、靴のライフサイクルを拡げながら、障がいのある若者が一流職人として経験を積む機会を増やすという課題解決を目指し、このプロジェクトを運営している。

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる