《繁盛店の店づくりVol.185》誰もが入りやすく居心地の良いトレカ店

検索

()

《繁盛店の店づくりVol.185》誰もが入りやすく居心地の良いトレカ店

2018年08月05日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

《繁盛店の店づくりVol.185》

ジェイフード
ドラゴンスター日本橋2号店(大阪府大阪市)

IMG_1664.jpg

▲ジェイフード取締役アミューズメント事業部部長
重走一樹さん

誰もが入りやすく居心地の良さを感じられる店舗作りを目指しているトレカショップ「ドラゴンスター」(運営:ジェイフード【大阪府大阪市】。店内は細かな配慮が行き届き、清潔感ある店舗になっている。直営店7店舗の他に支援店が全国に202店舗あり、全店舗のデュエルスペースは7000席以上。そのネットワークを活かした新展開も進んでいる。

誰もが入りやすく
居心地の良いトレカ

誰もが入りやすいカードショップを目指すことは、「新規ユーザー獲得のためには欠かせません」とドラゴンスター運営会社のジェイフード取締役でアミューズメント事業部長の重走一樹さん(店舗づくりのポイントは左欄に紹介)。

日本橋2号店はコナミカードゲームステーションのサテライトショップ(全国に4店舗)に認定されており、コナミのカードをはじめ、様々なカードの大会がほぼ毎日開催されている。

同社はカードメーカーとの取り組みを強化しており、「メーカーの御用聞き的存在でありたい」と重走さん。
新品カードの売上を増やし、値下げではなく集客で売上を増やしたい考えだ。

現在、eスポーツとのコラボも進んでいる。同社には支援店が全国に202店舗あり、各地域の店舗をネットで結んで対戦するイベントを計画中だ。

重走さんは「アナログゲームの収益が少なくなっても、こうしたイベントに場所とスタッフを貸し出すことで補足できます」と話す。

店舗づくりのポイント

IMG_1675.jpg

トレカ大会イベント以外のポスターを貼らない

同店のデュエルスペースには、イベント以外のポスターを貼っていない。キャラクターの水着姿などのポスターがあると、家族連れやカップルなどは入りづらくなり、反対に子ども向けのカードのポスターが多いと成人男性が入りにくくなる。「この店舗はライトユーザーのお客様も安心して来店できることをコンセプトにしています」と重走一樹さん。カードについての情報は代わりにツイッターで発信している

テーブルの間は120cm以上。トイレは男女別

テーブルの間は120cm以上を確保。また空気が籠り、ムッとした空間にならないよう、換気に常に気を配っている。さらに客層は95%が男性だが、男女別にトイレを設置。居心地の良さを徹底している。このように環境整備をすることで、ここで働きたいという声も増え、人材確保にも繋がっている

飲食自由! 
その分、閉店後の清掃徹底

店内は飲食自由。その分、閉店後に徹底して清掃をし、綺麗にしている。写真は別スペースにある「マジック:ザ・ギャザリング」専用のデュエルスペース

カジュアルイベント.JPG

You Tubeに大会動画をアップ

ドラゴンスターでは、店内で行われた大会の模様の一部はYou Tubeで配信している 

配信.JPG

▼オリジナルのカードスリーブも販売。これは裏面がザラザラしているタイプ  

IMG_1703.jpg


▼「マジック:ザ・ギャザリング」の大規模イベント「グランプリ」にも出展し、カードを販売している

GP物販2.JPG

店舗運営の方針

QSCチェックで接客の質を向上

接客の質を向上させるため、2ヵ月に1回、QSC(「クオリティ」「サービス」「クレンリネス」)の3つ要素についてスーパーバイザーが調査をする。それぞれ細かな項目があり、点数化して達成率を出す。「カードゲームの強い人ではなく、接客を大事にできるスタッフを採用しています」と重走さん

IMG_1713.jpg

支援店の研修会
詳細なデータを提供

ドラゴンスターでは課金が発生するFCスタイルではなく、POS導入とデータ提供という「支援店」というスタイルで、カードショップの開業・運営サポートを行っている。年に1回、支援店を集めて研修会を実施。毎月詳細なデータ分析も支援店に提供している

支援店勉強会2.JPG

グルメで他店舗と差別化店
グルメなトレカ大会

▼「マジック:ザ・ギャザリング」のプロツアー地域予選(RPTQ:プロツアーへの挑戦をかけた招待制のイベント)を開催した際に、参加者に提供したマナ・シンボルをデザインしたチーズケーキ(左)と、恐竜をイメージしたサンドイッチ(上)

RPTQ用ケーキ.jpg

▼こちらは同大会のジャッジの人に提供されたスペシャル弁当。いずれもドラゴンスターを運営するジェイフードのフランス料理店が作ったもの。飲食部門を持っている強みを出している

ジャッジ用弁当.jpg

●店舗データ
●オープン/2016年12月
●売り場面積/約100坪
●デュエルスペース/168席
(内MTG専用40席)
●商品構成/トレーディングカード全般
●客層/20~30代がメイン
●男女比/男:女=95:5
●スタッフ数/全13名
●備考/ドラゴンスターを運営するジェイフード(※日本橋2号店のみグループ会社のエイアイツーが運営)はその他、フレンチレストランやクレープ店も展開している。

▼関連記事はこちら
上場リユース企業の業績結果は?メディア系企業の苦戦は続く
ブックオフコーポレーションとハードオフコーポレーション、どこに活路を見出すのか?
《繁盛店の店づくり vol.184》首都圏最大級売場300坪のモダンヴィンテージ家具店がリニューアルオープン

Shop Data

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第444号(2018/07/25発行)9面

Page top