JRRC、遺品整理の資格制度準備

検索

JRRC、遺品整理の資格制度準備

2017年07月12日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本リユース・リサイクル回収事業者組合(JRRC:東京都港区)が、遺品整理と生前整理の資格制度開始に向けて準備を進めている。6月30日に開催した総会で、関連法や実務をまとめたテキストを作成していると発表した。

JRRCは、不要品の回収や買い取りを行う事業者から成る団体だが、少子高齢化に伴い生前整理や遺品整理の依頼が増えてくると予測。すでに多くの団体や事業者が生前、遺品整理を手がけているが、消費者や行政が法令は遵守されているかを心配していると見て、資格制度を立ち上げることを決めた。

「コンプライアンス遵守を重視して慎重に進めている」と、岩瀬勝一代表は話す。

総会では、資格制度開始に先駆けて弁護士を招き講演も実施。口答合意だけでなく、契約書面に残しておくことの重要性などを説明した。

419号(2017/07/10発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる