メルカリが査定付きブランド品フリマ

検索

メルカリが査定付きブランド品フリマ

2017年08月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルカリのグループ会社ソウゾウ(東京都渋谷区)が8月21日、ブランド品フリマアプリ「メルカリ メゾンズ」をリリースした。メルカリ上の販売実績や中古市場等のデータをもとに自動査定され、売れやすい価格を知ることができる。年間1200億円の流通額を目指す。

メルカリメゾンズ公式サイトメルカリ メゾンズ公式サイト

月間100億円以上の流通額のフリマアプリ「メルカリ」の姉妹アプリとして、ブランド品の特化したフリマサービス「メルカリ メゾンズ」をリリースした。「35歳以上の、買取り店や宅配買取りを利用している女性」を主なターゲットとする。

搭載するAIが、出品のサポートをする。画像から商品を特定し、候補のブランド名や色、柄、商品名などを提示。ユーザーはそれを選択するだけでいい。売買データを元に売れやすい価格も算出し、レンジを示す。商品名の特定はシャネルとルイヴィトンの財布・バッグから開始し、徐々にカバーブランドを広げる。出品商品が増えれば機械学習が進み、より精度が増す仕組み。

ソウゾウ松本龍祐代表と原田大作執行役員ソウゾウ松本龍祐代表と原田大作執行役員

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

423号(2017/09/10発行)00面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる