【一工夫レポート】クリーク 古い商品を「10円」で提供

検索

【一工夫レポート】クリーク 古い商品を「10円」で提供

2018年04月07日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

CASE3 クリーク

一工夫レポート
成功を収めているところには必ず理由がある。商品ディスプレイ、メンテナンス、会員特典...事業の運営において様々な工夫を凝らしている企業・店舗を訪問。今回はリサイクルショップ、文房具店など4店をレポートする。

古い商品を「10円」で提供 お客さんが立ち寄ってくれる


文房具販売やリフォーム事業を行っているクリーク(東京都港区)では、「古い商品を10円で購入できる箱」を、店外 に設置している。

2.JPG

▲古い商品をサービス価格で提供している。店外に設置している

3_.JPG

▲古い商品や、紙が黄ばんだ物、シャープペンの芯にも需要がある

箱の中には、デッドストックの商品やパッケージが色あせてしまった商品、黄ばんでしまった大学ノート、シャープペンの芯などがある。20点まとめて購入すると100円にディスカウントする。

「2〜3年前から始めましたが、箱をきっかけにお客さんに立ち寄って貰える様になりました。商品を10円で販売すると赤字だが、古くなった商品が少額でもお金になれば良いなと思い、続けております」(深艸正善営業部主任)。

紙は、紫外線や時間の影響を受けやすく黄ばんでいるが、使用に問題はない。メモ帳として購入している人もいるという。文房具は新商品発売のスパンが早いため、旧品が売れずに残ってしまうことがある。売れにくい商品が売り場のスペースをとってしまう悩みを解決しようと、この取り組みを開始した。


1_顔.JPG

▲深艸正善 営業部主任
記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第436号(2018/03/25発行)17面

Page top