片付けコンサルのピースアローズ リユース等50社以上と連携

検索

片付けコンサルのピースアローズ リユース等50社以上と連携

2018年09月30日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ピースアローズ

リユース等50社以上と連携 
「片づけ」から連関ニーズ喚起

リユースや不動産など50社以上とネットワークを形成し、「片付け」依頼を切り口に暮らしのあらゆる困り事への相談・解決サービスを提供するのがピースアローズ(東京都足立区)だ。ピースアローズでは家じまい・店じまいといった片付け案件を個人・業者から月に5件程受注している。


まずはCEOの岡田和弘氏が依頼主の元を訪問し現地調査を実施。そこから依頼主とのヒアリングを進め、処分を希望する物のカテゴリや、最終ニーズが不動産売買等であれば、ケースに応じ各専門業者を繋げていく仕組みだ。 岡田CEOは飲食業界から転身し6年前にピースアローズを設立。飲食業界で勤めていた頃から店舗内清掃を自ら行ったり、ダブルワークでハウスクリーニング会社にも勤めたりとクリーニング技術を強みとしてきた。

6-C.JPG▲岡田和弘CEO

実際には既存の洗剤製品に頼らず、自ら酸やアルカリ等を調合し「経皮吸収の起きづらい、無害の洗浄剤」(同CEO)を作成し使用するなどしている現在はピースアローズの屋号で自営業の形態をとっているが、年内には法人化を予定。また、今後は地方の空き家を「子ども食堂」に再生するといったソーシャルビジネスの展開も考えている。

▼関連記事はこちら
《Sharing Economy》CRASii 片付けの悩みをアドバイザーと解決
JCO 片づけの協議会発足 整理収納業界まとめる
〈北海道元気店〉ネクストハンズ、Quest、片付け・生前整理に商機あり

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第448号(2018/09/25発行)7面

Page top