おお蔵、需要に合わせた商品展開し海外向け販売が好調

検索

おお蔵、需要に合わせた商品展開し海外向け販売が好調

2019年01月12日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おお蔵

1.jpg▲古賀 清彦社長

海外向け販売好調
需要に合わせた商品展開

昨対比での売り上げ125%の106.7億円を達成したブランド・宝飾リユースのおお蔵。同社の大場克則企画室室長はリユース売り上げ増の要因として香港法人の好調を上げた。従来は国内で買い付けた商品を香港のホテルなどで行われるショーに出品し、バイヤーに販売していた。

近年、アメリカを含めた海外の顧客が増加し、海外でのショーへの出展も始めた。月に2回ほど参加し、「月2億5000万から3億円の売り上げがある」という。香港好調の秘訣は「ニーズに合わせた」商品ラインナップだという。大場氏によればアメリカでは超一級の宝飾時計などが人気。国内で一般的な平場のオークションと違って顧客と個別交渉を行うために距離が近くニーズを汲み取りやすい。

よく見知った顧客や紹介客との取引のため「安心感も大きい」。2018年にロサンゼルス法人を立ち上げ、本格的にアメリカ参入を図る方針。ほかにも消費者向けにオープンした香港の店舗に卸業者が多数訪れるなどしている。結果として15億円売り上げが増加し、大きく貢献した。新宿の歌舞伎町にオープンさせたインバウンド向けの新店も売り上げ増につながった。

同店では、ブランドバッグや高級時計などを中心に商品を並べる。こうした商品ラインナップの調整に欠かせないのがバイヤーの存在だ。毎日売れた商品を確認し、仕入れに反映する。

▼関連記事はこちら
オークネット、米中古ブランドECモールと提携
マキシキャッシュ、時計催事におお蔵が出品協力
【最先端インタビュー】おお蔵 古賀清彦社長、真贋をやる意味ある

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第455号(2019/1/10発行)5面

Page top