福田モーター商会、新木場に新店舗をオープン

検索

福田モーター商会、新木場に新店舗をオープン

2019年03月29日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

福田モーター商会

5B_差替え.JPG▲新店舗で抱負を語る大津順一店長

新木場に新店舗
海外ブランドの優良中古バイク揃える

福田モーター商会(東京都江東区)は1月12日、江東区新木場に新品及び中古バイク等を販売する「新木場Garage」をオープンした。同社が約70年培ってきたバイク販売業のノウハウを活用し、修理や整備、保険、小物販売等も含めたバイク生活のトータルサポートを行う。同社は、BMWやMoto Guzzi、BRP Cam-Am等の海外ブランドの正規ディーラー。新木場Garageのオープンに伴い、江東区佐賀の本社はBMW、新木場Garageはその他のブランドと棲み分けた。

新木場Garageで販売される中古バイクは、新品販売の際に顧客から下取りに出されたり、以前同社が販売したバイクを顧客から買い取ったりしたものが多い。「新品販売から整備等で長年見てきたバイクは、安心して引き取ることができます」と大津順一店長は話す。同店で販売するバイクは、高品質の輸入車のみ。現在は排気量が401cc以上の大型二輪車が多いが、今後は400cc以下の普通二輪免許で乗れるバイクのラインナップ拡充を視野に入れる。

倉庫を改修した店内の1階は、エスプレッソが振舞われるカフェコーナーと大型バイク展示場、メンテナンススペースが設けられた。2階は新車・中古車等が展示され、3階はバイクウェアのセレクトショップとなる。「『自分がバイクに乗っている姿をイメージできる』お店を作ることで、幅広い年齢層の方にバイクへの興味を持ってもらいたいですね」(同氏)

▼関連記事はこちら
バイク王 前期リテール売上は64.6億円
リバースオートがバイク買取サイト開始
《Sharing Economy》相乗りアプリノリーナの新型 近くのドライバー地図上に表示

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第460号(2019/03/25発行)5面

Page top