GRACE 2年で海外売上2.5億円 中古楽器、カメラ主力に

検索

GRACE 2年で海外売上2.5億円 中古楽器、カメラ主力に

2019年04月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3B-P1.png

▲楽器の通販サイト「UNISOUND」

2年で海外売上2・5億円
中古楽器、カメラ主力に

「UNISOUND」の屋号で中古楽器やカメラ等の販売を行うGRACE(神奈川県横浜市)が海外事業で成長を遂げている。同社の年商は約25億円で、他にもネット型買取サービス「買取屋さんグループ」加盟店網を全国25拠点に展開する。2年前に立ち上げた海外事業で、現在2・5億円程を上げる。同社では仕入れの9割を国内個人からの出張・宅配買取で構成。

買取屋さんグループ経由や、自社運営している楽器専門買取サイト「楽器の買取屋さん」から買取りにつなげている。ギターを主力とした楽器の買取りは月間200点程で、カメラではフィルムカメラを主力に同500点程。国内向け販売においては、ヤフオク!やアマゾンに加え、楽器専門ECモールの「デジマート」にUNISOUNDとして出品している。国内のみでの中古売上は約11億円だ。同社は事業拡大を睨み、2年前にイーベイへの出品を始めた。昨年にはアメリカとタイにそれぞれ現地法人を設立。タイには広さ1000坪のリアル店を出し、中古カメラ等を販売している。

現在はアメリカとタイに加え、イギリスとオーストラリアでも現地楽器店と買取りや委託販売で提携網を拡大中。海外で提携している店舗が合計20店を超える。「海外展開が利益貢献へ徐々につながっていると実感している。越境EC販売では、これまで国内ECでやってきたことと同じ労力で同じ商品を販売できている」(海外販売担当 岡本光広氏)

a.jpg▲海外販売担当 岡本光広氏

第461号(2019/04/10発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる