神田古書店連盟、神保町で初心者向け古本市 島崎藤村のハガキが1万円

検索

神田古書店連盟、神保町で初心者向け古本市 島崎藤村のハガキが1万円

2019年11月13日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「第60回神田古本祭り」の一イベントとして開催された、初心者向けの古本市場「じんぼうチャリティーオークション」(運営:神田古書店連盟)が10月26日に神保町にて開催された。初心者向けの同オークションでは、島崎藤村の直筆のハガキが1万円で競り落とされた。

「第60回神田古本祭り」は100万冊の古本を出品し、国内最大の古本催事として注目を集める。そのうちの目玉催事の一つとして、同連盟は初心者向けのオークションを催した。出品された品は、三島由紀夫や坂本龍一、ビートルズなどの著名人の書籍から、海女さんを特集した書籍、土偶の専門誌、世界の民族衣装を網羅した雑誌など様々。80㎝ほどあるドラえもんのぬいぐるみや中国茶なども出品された。

3C.jpg▲競り落とされるたびに拍手が起こった

当日は約200名近くがさくら通りに集まり、和やかな雰囲気の中で競りは始まった。ゆっくりとしたテンポで進み、競り落とされるたびに拍手が起こった。オークショニアは随所に機転を利かし、「お父さん、お守りもあげるよ~」「(一輪車が出品され)お客さん、これ乗って帰る?」などと言葉を添えて会場から笑いを誘った。参加者は「おもしろ~い」と感想を漏らした。

神田古書店連盟広報の大谷仁氏は「島崎藤村のハガキのように思いがけない高額品が飛び出した。欲しいものにはお金を惜しまない、今の世間の流れを垣間見た気がした」と話す。

▼関連記事はこちら
《Shop探訪》水中書店、ネット販売0で年商1400万円 実店舗の魅力磨き続ける
二十五年堂、自社HPを開設 商圏を全国拡大
《新たな取り組み》井草ワニ園、古本も売るグラノーラ店

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第475号(2019/11/10発行)3面

Page top