RINKAN、初の買取専門店を渋谷パルコに出店

検索

RINKAN、初の買取専門店を渋谷パルコに出店

2019年12月14日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「RINKAN」の屋号で知られる未来ガ驚喜研究所(東京都渋谷区)が、11月22日に渋谷パルコで同社初の買取専門店を出店した。同社はハイブランドアパレルやシルバーアクセなどメンズ商材の買取販売に強いが、ミドルブランドやレディースは手薄だった。新店により強化を図る。

渋谷パルコに買取店を出店渋谷パルコに買取店を出店

年商50億円強を上げる同社は、東京、名古屋、大阪、福岡に実店舗「RINKAN」を展開。渋谷パルコへの出店で、国内で11店目、渋谷では3店目となった。また国内外ECモールでの販売も手掛けている。

ナイキ、シュプリーム、クロムハーツに代表されるようなメンズ商材の取扱いが主だった。だが、今後の成長軸にEC戦略を掲げる中で、「メンズ・レディース問わず、ネットで販売しやすい単価5万円程度の国内ミドルブランド商材」(店舗統括部山内拓弥部長)を強化したい考え。渋谷パルコには193のテナントが属し、「うちファッション業態で入られている業者さまが取扱うブランドの中で、全体の95%ほどは買い取れるのでは」(同部長)という。パルコの特性上、特に40代までの若年女性の集客にも期待している。「全体で、1日20組程度を集客できれば」(同部長)

店舗は建物の4階に構える。広さは延べ9坪。内装は、「オーダースーツのテーラーが接客するイメージから着想を得た」(同部長)という。ステンレス製ボードを天板としたテーブルを中央に配置し、それを介し買取接客を行う。渋谷パルコは大規模の改装を経て、同じく11月22日より営業再開していた。

第477号(2019/12/10発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top