七豊物産が倒産 負債総額7億円

検索

七豊物産が倒産 負債総額7億円

2019年12月14日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「シロクマの買取り屋さん」の屋号でブランド買取店などを運営していた七豊物産(東京都台東区)が11月12日、東京地裁から破産手続開始の決定を受け倒産した。東京商工リサーチによる同社の負債総額は7億円。

5C.png▲シロクマの買取り屋さんHP

同社は07年にリユース事業へ参入。貴金属・ジュエリー・ブランドの買取を一都三県17店舗で運営していたほか、呉服店「京林」を東京・群馬・長野にて3店舗、宝飾店「ル・ディアモン」を長野で1店舗運営していた。17年にはSNSを活用しての中国向け中古ブランド品販売や、ミャンマーへの現地視察を行うなど、海外展開を積極的に進めていた。また、18年からは販売代行サービス「ラフリする!」を運営していた。

なお、本紙調査による同社の2017年度実績は、会社売上19.1億円、うち中古売上は17億円だった。

 

▼関連記事はこちら


記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第477号(2019/12/10発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top