ブックオフ、マレーシアに5号店 10店舗まで目指す

検索

ブックオフ、マレーシアに5号店 10店舗まで目指す

2020年01月25日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

e2de69f2a30cf1557891b24440c64bfc_s.jpg

ブックオフグループホールディングス(神奈川県相模原市)は、子会社を通してマレーシアで展開しているリユース店「ジャラン・ジャラン・ジャパン(JJJ)」の5店目となる「KIPMall店」を昨年12月28日にオープンした。

首都クアラルンプール南郊外にあるモール内の店舗で、約500坪の売場ではアパレルや生活雑貨、家具、おもちゃなどを販売。商品は全て日本で使用された物だ。

同社は2016年11月のJJJ1号店オープンから首都圏を中心に展開している。また、経営基盤として人財育成が進む中で、昨年から出店ペースを加速している。今後2~3年で地方都市への展開も含め10店舗体制を目指す計画だ。

 

▼関連記事はこちら
ブックオフ、キャッシュレスで"査定待ち"解消 5種類の決済から選択
ブックオフ、上期 増収増益 百貨店買取が寄与
[注目!海外出展]ブックオフコーポレーション、マレーシア2号店に200人の行列

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第480号(2020/1/25発行)1面

Page top