エーツー、「駿河屋事業引継サポート」により「エンターキング」を継承

検索

エーツー、「駿河屋事業引継サポート」により「エンターキング」を継承

2020年03月10日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古ホビー・メディア店「駿河屋」を運営する『エーツー(静岡県静岡市)』は、サンセットコーポレイションが昨年まで営業していた中古メディア店「エンターキング」を継承する。3月14日より東京・西新井の店舗をオープン。また今春には、千葉で2店をオープンする予定だ。継承店舗の屋号は「エンターキングsupported by駿河屋」。

エンターキング西新井店エンターキング西新井店

サンセットコーポレイションは、昨年に倒産していた。エーツーは民事再生に伴うスポンサー支援を表明し、エンターキング計3店をリニューアルする。エーツーは「駿河屋事業引継サポート」を打ち出しており、既に、同じく昨年に倒産していた中古同人誌老舗「明輝堂」の一部店舗を吸収し、「駿河屋乙女館supported by明輝堂」を立ち上げ、実績を上げている。

エンターキングの継承は既に、中古ホビー・メディアの買取販売を行うエイムアントレー(東京都練馬区)による例があり、現在、エンターキングの跡地となる千葉の3店で、「桃太郎王国」の屋号を冠して展開している。

第483号(2020/3/10発行)1面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top