【速報】大型リユース店に「休業要請」、質店は「必要な施設」東京都が公表

検索

【速報】大型リユース店に「休業要請」、質店は「必要な施設」東京都が公表

2020年04月14日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大型リユース店に「休業要請」

東京都は4月13日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく休業要請対象となる細目一覧をホームページ上に公開、基本的に休止を要請する施設に古物商(質屋を除く)、金券ショップ、古本屋のリユース企業が明記された。

ただ、施設の面積によって要請の程度は異なる。床面積の合計が1000㎡(約300坪)超の施設に対しては、休業を要請。1000㎡以下の施設に対しては、施設の使用停止及び催物の開催の停止について協力を依頼。100㎡(約30坪)以下の施設は、営業を継続する場合、適切な感染防止策の徹底を依頼としており、実質は休業要請の対象外となる。

買取専門店や金券ショップ、古書店は100㎡以下の店舗が大半のため、営業継続は問題なさそうだ。ただ、買取販売店となると、100~1000㎡に該当する企業が増えそう。1000㎡超は都市部の大型店や郊外の総合リユース店で該当する店舗が出てきそうだ。

また、質店は「社会生活を維持するうえで必要な施設」として休止要請の対象外となっている。修理店(時計、靴、洋服等)も同様だ。

第486号(2020/04/25発行)1面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top