ジラフ、SNS取引でトレカ個人売買を支援

検索

ジラフ、SNS取引でトレカ個人売買を支援

2020年07月24日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでのトレカ売買を支援

金銭授受と真贋を引き受け

トレーディングカードのマーケットプレイス「magi」を運営するジラフ(東京都中野区)が、SNS上で行われるトレカ個人売買の支援に乗り出した。同社のシステムを活用し、金銭授受と真贋を引き受ける。

magi SNS取引のサイトmagi SNS取引のサイト

名称は「magiSNS取引」で、5月27日よりウェブで、6月17日よりアプリで機能を実装。開始1ヵ月で取引件数は200件を超え、10万円を超えるトレカも取引されたという。利用方法は、売り手がmagiに出品する際に「SNS取引」にチェックを付け、非公開のURLを発行した後、買い手が会員登録、またはログインして購入する。売り手には7%の手数料が引かれた売上金が入る。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第492号(2020/7/25発行)7面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top