ソフマップ、買取専用ロッカーとアプリ連携で非対面の買取を強化

検索

ソフマップ、買取専用ロッカーとアプリ連携で非対面の買取を強化

2020年07月26日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

非対面の店頭ロッカー買取を推進

アプリと連携で再来店不要に

ビックカメラグループのソフマップ(東京都千代田区)は、非対面での買取を強化する。店舗に設置した買取専用ロッカーを活用、同社が運営するアプリ「ラクウル」と連携することで利便性を高めると共に、待ち時間の解消につなげたい考えだ。

ラクウルポストでの非対面買取も強化するラクウルポストでの非対面買取も強化する

査定の待ち時間を解消

ソフマップでは2018年5月からロッカーを活用した買取「ラクウルポスト」を展開、現在5店舗に設置している。通常の店頭買取とは異なり、店舗内で待つ必要がなく、合間の時間でも査定依頼ができる。この利便性が受け、新宿店では買取全体の40%程度、主にメディア商材で利用されている。周辺で働くサラリーマンが出勤前にポストに投函し、帰宅前に買取金を受け取る利用パターンが多いと言う。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第492号(2020/7/25発行)1面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top