リユース店が気をつけたいレジ袋有料化問題

検索

リユース店が気をつけたいレジ袋有料化問題

2020年07月27日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

買取時に持ち込まれたレジ袋の二次利用に注意!

リサイクル通信イメージ画像24

レジ袋が7月1日より有料義務化対象となった。すでにコンビニ等でもレジ袋の有料販売が展開されている。

リサイクルショップではお客が店頭買取で品物を持ち込む際、品物を入れていたレジ袋を置いて帰ることがある。それ故にリサイクルショップにはレジ袋がたまるという特有の事象がある。

注意したいのは、こうしたレジ袋を二次利用する際にも、有料義務の対象となることだ。経済産業省コールセンター曰く、「リユースのレジ袋を店頭で無料配布することは不可能で、有料での販売が必要」。

有料義務化の対象となるのは、持ち手付きの商品を入れるレジ袋。罰則として助言及び指導、または勧告、公表、命令などを受ける可能性があるため、気をつけたい。

新聞購読ならすべての記事が読める!

第492号(2020/7/25発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top