海外中古市場データ、ミャンマー政変でタイへの輸出に影響

検索

「海外中古市場データ」

海外中古市場データ、ミャンマー政変でタイへの輸出に影響

2021年03月31日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外中古市場データ(日本→海外))2021.2.1〜2.28

中古業界でも高まる海外市場への注目。その実態を探るために、中古輸出最大手企業の売上げや販売個数を定点で追う。

電気製品・その他

ミャンマー政変でタイへの輸出に影響

電気製品その他製品
輸出総額 1億9011万円 1億99万円
輸出総数 132,749個 390,133個

■販売額推移

販売額推移2月

■コメント

●アジア/タイ向けのテレビの輸出量が3割、自転車は6割ほど減少した。タイを経由してミャンマーと取引があるため、クーデターの影響が少なからずある模様。フィリピンへの冷蔵庫の輸出量は1月分の4倍になり、雑貨類も8割増えたと思われる。

●中東/12月から1月にかけて、ドバイへのパソコンの輸出額が高かったが、2月の販売実績はゼロ。ドバイ全体の輸出額が7割ほど減少した。一方、パキスタン向けは1月のペースが継続しており、中でも自転車の販売総額は3倍にもなった。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第508号(2021/3/25発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる