ブレイバー、データ消去証明書をNFTで発行する技術を開発

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

ブレイバー、データ消去証明書をNFTで発行する技術を開発

2022年03月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

データ消去ソフトの開発・提供を行うブレイバー(東京都葛飾区)は2月、データ消去証明書をNFTで発行する技術を開発したと発表した。改ざんの難しいブロックチェーン技術を活かすことで、19年に業界内で起きたHDD流出事件により低下した信用回復を目指す。

データ消去証明をNFTに

改ざんリスク下げ信頼獲得

データ消去とともにNFT発行を行うデータ消去とともにNFT発行を行う

同社はデータ消去ソフトを「MASAMUNE」の名称で提供しており、上場企業含め約100社が導入。PC(ウィンドウズと一部マック)スマホ(アイフォーン・アンドロイド)に対応し、データ消去後に消去証明書をPDF形式で発行している。新たな試みでは、この証明書をNFTで発行する。消去証明の改ざんを防ぐほか、システムダウン等のリスクも低減する。「従来の消去ソフトで必要な捺印やメール送信などの手間がなくなり、人的コストも下げられます」(阿部勇人社長)。改ざんが難しく、開発がより容易な「フルオンチェーン」形式で開発した。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第531号(2022/3/10発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる