思い出の一冊【13回】 珍しい折帖仕立ての本

検索

「思い出の一冊」

思い出の一冊【13回】 珍しい折帖仕立ての本

2022年05月05日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思い出の一冊

古書店主に、思い出に残っている一冊を紹介してもらうリレー連載。第十三回目は「平井の本棚」のオーナー、津守恵子さんが登場する。

様々な縁がつながり手元に

深沢七郎 「みちのくの人形たち」 夢屋書店深沢七郎
「みちのくの人形たち」
夢屋書店

私の思い出の本は深沢七郎さんの「みちのくの人形たち」です。お経のような、本としては珍しい折帖仕立てになっています。

うちの店には、本をあまり読まない方にも興味を持ってもらえるよう、短編小説を折帖仕立てにした「文鳥文庫」を置いています。それを見たあるお客様が「これって、深沢七郎だよね」と、持ってきてくれたのが、この本でした。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第534号(2022/4/25発行)23面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる