交友録【第139回】、創業150年余の茶道具・骨董店の6代目

検索

「交友録」

交友録【第139回】、創業150年余の茶道具・骨董店の6代目

2022年06月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交友録 記事中タイトルバナー

源輝(堀木源輝さん)と初めて会ったのは彼が19歳の時、茶源の京都店でした。茶源は三重県四日市に本店のある、文久元年創業の茶道具・骨董・古美術店で、名古屋でオークションもやっています。

若さ武器に自分なりのスタイルで市場運営

地新 稲垣良介氏 右矢印 茶源 堀木源輝氏

地新
(神奈川県横浜市)
稲垣良介氏(38)

茶源
(三重県四日市市)
堀木源輝氏(27)

再会したのは5年後、そのオークション会場です。源輝は大学を出て税理士法人で働いていたのですが、先代のお父さんが引退したので、戻って会社を継いだのです。第一印象は「自分のことカッコいいと思ってる奴だな。アイドル感で売ってるなと(笑)」

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第537号(2022/6/10発行)27面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる