古書サンカクヤマ、私の本の世界を広げてくれた

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

「思い出の一冊」

古書サンカクヤマ、私の本の世界を広げてくれた

2022年08月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思い出の一冊

古書店主に、思い出に残っている一冊を紹介してもらうリレー連載。第十六回目は「古書サンカクヤマ」の粟生田由布子さんが登場する。

水木しげるの少年時代の漫画

水木しげる 「のんのんばあとオレ」 講談社漫画文庫水木しげる
「のんのんばあとオレ」

講談社漫画文庫

私の思い出の本は水木しげるさんの「のんのんばあとオレ」です。この本は、私が妖怪や目に見えないものに興味を持つキッカケを与えてくれました。

最初にこの物語と出会ったのは、私が小学生の頃。NHKでドラマ化された番組でした。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第542号(2022/8/25発行)27面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる