ReP、買取専門店が無人古着店、コンテストに応募・補助金で

検索

ReP、買取専門店が無人古着店、コンテストに応募・補助金で

2023年05月08日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

買取専門店を運営するReP(東京都杉並区)は、無人古着店「無人のお店 Re:Playful」を埼玉県にオープンした。買取専門店ではブランド品や金券だけではなく、一部不用品や古着も対象としている。無人店では、買取品を500〜3000円の低価格で消費者に直接販売する。

500〜3000円で販売

8311_01.png埼玉県入間郡の毛呂山駅から徒歩10分ほどの距離に無人店を構える

店内では、多少ダメージのあるハイブランドやファストファッションまで、約500点の在庫を確保している。衣服のほか、鞄や靴など小物も揃う。レディースとメンズどちらも扱い、若年層~60代まで幅広い年代層の来店につなげている。24時間営業で、隣に位置する大学病院の利用者の購入も狙う。昨年11月のオープン以降、黒字化が続いている。

無人店は、埼玉県入間郡毛呂山町に構えた。無人店のアイディアを毛呂山町が主催するビジネスコンテストに応募し採択され、補助金を獲得。店舗のコンセプト「東京で流行している洋服を購入できる」に合うよう、買取品だけではなく商品の約7割は卸から仕入れている。

ReP、価格ごとにラックを分けている価格ごとにラックを分けている

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第559号(2023/05/10発行)6面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる