「iPhone8」最新OS対象外で リユース品はどうなる?

検索

「iPhone8」最新OS対象外で リユース品はどうなる?

2023年06月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米アップルは現地時間5日に開催した発表会において「iOS17」を発表、今秋より配信を開始するとした。電話着信画面のデザインが変わるなどの改良が予定されている。一方で、アイフォーン8とX(テン)がこの「iOS17」のサポート対象外となり、ネットで話題となった。特に「8」はリユース市場でも人気が高い。影響はあるだろうか。

iOSのアップデートは、毎年1回配信されている。アップデートすることで新しい機能を使えるようになる。例えば昨年9月から配信が始まった「iOS16」では、ロック画面をカスタマイズできるようになった。一方で、旧型モデルは性能などの問題により、アップデートの対象から外されてきた。昨年の「iOS16」では「7」が対象外となり、話題となった。

リスマ 2022年5月1日~2023年5月31日の間、フリマアプリ4サイトにおいて成約したiPhone7の取引台数と相場の中央 値(スマプラ調べ)2022年5月1日~2023年5月31日の間、フリマアプリ4サイトにおいて成約したiPhone7の取引台数と相場の中央値(Smapra調べ)

サポート終了で何が問題になる?

アップルのサポート担当は「iOSの最新バージョンに対応しない端末であっても、ただちに利用に支障はない」という。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第562号(2023/06/25発行)17面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる