解体業者 エイキが旗振り役、複数店でアンティーク品販売

検索

解体業者 エイキが旗振り役、複数店でアンティーク品販売

2024年01月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解体業のエイキ(富山県富山市)が中心となって開業した複合リユース施設「トベラ」(富山県富山市)が話題だ。解体の本業ではカバーしきれない店づくりを、市内のリユース着物店やフラワーショップ等と組むことで実現。解体の際に排出されて行き場に困っていた年代モノの家具を、洗練されたリアル店を通して訴求していく構えだ。

解体の際の排出品を活用

9245_01.jpg

解体の際に排出された希少な中古家具等を揃える

トベラは昨年12月初旬に開業した複合施設で、アンティークショップ「トベラ」・リユース着物「猫田」・フラワーショップ「TA/TA」・リユース家具「エイキ」の計4店が入り、古物を中心に販売する。すでに近隣の中高年層が来店しており、今後はSNSを通じて若年層からも認知を得たい考えだ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

2024 01 25 4面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる