アパレルに関する記事一覧(6ページ目)

検索

アパレルに関する記事一覧(6ページ目)

  • 「INTER VIEW」

    学生服リユースショップさくらや、馬場 加奈子 氏インタビュー

    アパレル

    2022年03月07日

    「学生服リユースショップさくらや」が今月、100店を超える見通しだ。創業者・馬場加奈子氏が育児経験者から共感を集め、全国にパートナー店を拡大。企業などに回収箱を設置するなど循環の仕組みも作ってきた。今後は優良の中古学生...

  • 「繁盛店の店づくり」

    繁盛店の店づくり【vol.242】MEGA たんす屋、116坪に3000点陳列 浅草に超大型着物リユース店

    アパレル

    2022年03月06日

    日本屈指の観光地の一つ、浅草に116坪もの広さを持つ「MEGA たんす屋」が2021年12月にオープンした。場所は浅草駅直結の商業施設「浅草エキミセ」。今まで扱ってなかった未洗いの着物も販売するなど、新たな挑戦をしてい...

  • 「倒産1000本ノック」

    ドンドンアップ【第21回】、ゴメンナサイ「スタッフへの手紙」Ⅰ

    その他

    アパレル

    2022年03月04日

    毎日ピンチ、でも倒産はしたことない!?古着で一世を風靡するドンドンアップ(岩手県盛岡市)岡本昭史社長による凄絶ノンフィクション体験記の第21回。 涙の給与遅延 心からの懺悔とメッセージ カラ元気は処世術 1000回を超...

  • 「注目の取り組み」

    エナジークローゼット、服の交換会 百貨店にポップアップ出店で200名の集客に繋げる

    アパレル

    2022年03月04日

    不用品を手放す手段として、貨幣を使わずに物と物を交換する物々交換が注目を集めている。服の交換会を行うエナジークローゼットでは、若年層を中心に支持され百貨店にポップアップ出店を行い、計200名の集客に繋がるなど反響を得てい...

  • 伊藤忠商事、未来の服を試着する展示会

    アパレル

    2022年03月03日

    伊藤忠商事が運営する「ITOCHU SDGs STUDIO」(東京都港区)では、2月27日まで、体験型展示「未来の試着室」展を開催している。 黒染めで蘇る古着、裁断くずを糸に再生 リユースがテーマの京都紋付の「革新を着る...

  • セイバーズ、店舗毎にターゲット層を変えてアプローチ

    アパレル

    2022年03月02日

    古着屋を運営する岩田健太郎社長は店舗によってそれぞれターゲット層を変えてアプローチし、3点で全品半額などの施策などで若年層を中心に反響を得ている。 セイバーズの屋号で下北沢、静岡に古着店を構えるセイバーズ(静岡県沼津市)...

  • 昭和ビンテージ洋品店 スミックス、ヴァーチャルショップを開店 立体的空間でアバターが接客

    アパレル

    2022年03月01日

    昭和20~40年代の高級中古婦人服を主に扱う昭和ビンテージ洋品店スミックス(東京都新宿区)は2月17日、ヴァーチャルショップ「昭和ビンテージ洋品店 異次元店」を開店した。3Dスキャニングしたデータをもとに商品を立体的に...

  • SECOND HAND、古着卸 北米から月3千点

    アパレル

    2022年02月26日

    古着卸のSECOND HAND(セカンドハンド・東京都新宿区)ではコロナ禍で海外渡航が制限される中、買付け先を開拓して調達量をコロナ以前の水準にまで回復させている。それまでカナダが主だったが、現在アメリカにも広げている。...

  • 古着店ズーランド、23種類の「動物」絵柄で毎週値下げ

    アパレル

    2022年02月26日

    ブランド品やアパレルのリユース事業を手掛けるリアース(東京都品川区)の古着店「ズーランド」では、ユニークな価格システムで話題を呼んでいる。商品には値札代わりに「動物」の絵柄を付け、毎週値下げしながら販売している。絵柄(価...

  • さくらや、学生服のリユース店 3月に国内100店舗超え

    アパレル

    2022年02月22日

    リユース学生服店「さくらや」が3月に国内100店を超える見通しだ。創業者・馬場加奈子氏が2011年に香川で開業後、14年より育児経験者らを募り店舗網を広げてきた。コロナ禍による副業志向や、SDGsの機運の高まりが影響し開...

Page top
閉じる