サルト、富裕層が集まるお直し店

検索

「注目の企業」

サルト、富裕層が集まるお直し店

2017年03月24日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「買取はしてくれないの??」

医者、弁護士、企業の社長...。サルト(東京都中央区)は、そんな富裕層が足しげく通う高級志向のお直し店だ。

店舗内装、インテリアにもこだわる店舗内装、インテリアにもこだわる

サルトは、FC含め全国8店舗あり、予約制をとっている。銀座店では、1日当たり30件近くの予約が、連日ぎっしり埋まると言う。

扱うのは1着数十万円する、シャツや、ジャケット、バッグ、靴など。「例えばビジネスで着用するスーツは、自分に合ったサイズ感で、パリッと着こなすことが大切。信頼感など見た目の印象が全然違うんですよ」(壇正也代表)。

同社には約40名の職人が在籍している。個人からの依頼の他に、ユナイテッドアローズ等有名アパレル店からお直し業務を委託されるなど、技術の高さはピカイチだ。

客層に合わせた良質なサービスも人気の秘訣。特徴的なのが、最初のカウンセリング。担当スタッフとお客のイメージを共有する、満足度に関わる大切なものだ。まるで美容室のようにファッション雑誌を広げ、お客が言葉にできない「こんな感じ」を具現化していく。数分で完了する場合もあるが、1時間近く時間を割くこともあると言う。

料金はシャツ1枚あたり平均7000〜8000円。決して安くないが、

「話を聞いてみると、以前安価な店で失敗されて...なんて方が多いんです」。

一度サルトで設えた洋服を着ると、「お直しにはまってしまうようで、大半の方が月に2回、多い人なんて毎週通ってくださいます」。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

411号(2017/03/10発行)15面

Page top