【いいとも】便利業、月収50万円の秘訣を公開

検索

【いいとも】便利業、月収50万円の秘訣を公開

2018年08月01日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

いいとも

便利業月収50万円の秘訣公開

4-B.JPG

▲武藤謙太社長が『はじめての便利屋さん 成功バイブル』を出版

"できない"ではなく、
"どうすればできるか"

便利事業開業を検討している人向けに、ハウツー本を出版したのがいいとも(東京都府中市)だ。

書籍のタイトルは「はじめての便利屋さん 成功バイブル」。 

同社の武藤謙太社長は23年前に、貨物軽自動車運送業の個人事業主で構成される組合組織「赤帽」に加入した。
10年前には便利事業にも参入。

引越業を営みながら、家財運搬や不用品回収、ハチの巣駆除や犬の散歩といった、「生活のあらゆる"困った"を何でも解決できる便利屋」(武藤社長)としてサービス提供してきた。

同書籍では便利事業で月収50万円の達成に必要な心得や、集客方法などにおけるハウツーをまとめている。
実際に同社長の経験談も載っている。
例えば過去の依頼人で「猫30匹の屋敷」や「ごみ屋敷」を訪問したエピソードなど。

「便利屋の仕事は、これまで自分がやったことのない要望に対しても、"やります"と答えなくてはいけない。その時にあらゆるリスクを想定して、それを回避できるようにトライできるかが大事。"できない"ではなく"どうすればできるか"から考え始めましょう」(同社長)

高齢化が進み、近年整理事業への参入が増えるリユース業界。

そんなリユース業に対して同社長は、「便利屋としての機能を加えると、サービスの幅が広がります」と語る。

同社は学生や単身世帯を中心に月間300件の引越案件をこなす。

東京府中と北区に事務所を構え、従業員は25名。年商は約1億円を上げる。

■【武藤謙太社長】facebookは、こちら

▼関連記事はこちら
Catawiki(オランダ)、急成長中のコレクター向けオンラインオークションハウス
本棚お助け隊、法人向けにチャリティ買収
ブックオフ、2期連続赤字 堀内新社長はどう建直すか

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第444号(2018/07/25発行)4面

Page top