唐沢農機サービス、中古農機のネット販売が実店舗 ショールームも併設

検索

唐沢農機サービス、中古農機のネット販売が実店舗 ショールームも併設

2019年07月26日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

唐沢農機サービス

2-A①.jpg▲新本社の3分の2が農機のショールーム

唐沢農機サービス(長野県東御市)は初となる農機の販売店舗とショールームを開設した。7月6日、本社を東御市滋野乙から同市鞍掛に移転。新本社の敷地面積は旧本店より広い約500㎡でうち3分の2が、農機のショールームとなる。

同社は中古農機のネット販売などを行うが、利用客の『現品が見たい』との要望に応えた形。また、実店舗により、ターゲット層を近隣住民等にも拡大させる。

ショールームで展示される商品は、トラクター、管理機、収穫機等100台以上。中古車と新車の比率はおおよそ8:2となる。また、旧本社は農機の整備センターとして稼働。農機の修理やアフターサービス等にも対応する。

7月6~7日、オープンを記念して展示会を開催。両日合わせて189人が来店した。

「新店舗は商品が見やすく、おしゃれな空間になっています。見せ方の一事例として同業者の方にも見て頂き、みんなで力を合わせてマーケットを盛り上げていければ」(唐澤健之社長)

2-A② - コピー.jpg▲唐澤健之社長

▼関連記事はこちら
唐沢農機、パーツを取寄せ 自分で農機具再生可能に
唐沢農機サービス、取引累計3億円を突破
唐沢農機サービス、中古農機マケプレ「ノウキナビ」好調

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第468号(2019/07/25発行)2面

Page top