Rs-JAPAN、常設の卸ショールーム ブランドバッグ等1000点展示

検索

Rs-JAPAN、常設の卸ショールーム ブランドバッグ等1000点展示

2020年02月28日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『Rs-JAPAN(神奈川県横浜市)』がブランド品の卸ショールームを2月にオープンした。ブランドバッグを中心に、時計、宝石、財布やアクセサリー類の商品を常時1000点程度展示。事業者向けに卸販売する。展示品は同社及び事業者から買い上げた初荷が中心。

ショールームの一画ショールームの一画

バッグやアパレルが並ぶバッグやアパレルが並ぶ

「オークションに日程が合わず参加できなかったり、思ったほど買えなかったケースや急に仕入れが必要になった等の場合に活用してもらいたい」(南里崇社長)

卸価格は概ね市場相場に5〜10%加算した金額。海外筋向けの商材を多く展示しており、ライブバイヤーや海外向け卸を手掛ける事業者の利用も見込む。「卸を通じて事業者の方とのつながりを増やしていきたい」(同氏)

同社では今年1月にオークション会場を常設化。空きスペースを活用して卸販売向けの展示コーナーを設けた形だ。

第482号(2020/2/25発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top