女性服レンタルのエアークローゼット、2月新規登録数が顕著 「新型コロナで意識変化が」

検索

女性服レンタルのエアークローゼット、2月新規登録数が顕著 「新型コロナで意識変化が」

2020年04月21日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性服の月額制レンタルサービス「airCloset」を運営する『エアークローゼット(東京都港区)』が、同サービスの新規登録者数を伸ばしている。新型コロナウイルスの報道が大きくなり始めた2月月初と比べ、同月末の新規登録が約2.8倍にまで膨らんだ。

airCloset/1日あたりの新規登録者数

airCloset 1日あたりの新規登録者数

新型コロナによる巣ごもり消費の活況が報じられる中、「airClosetの2月の新規登録の伸びは顕著。継続して、3月も前月以上に推移している。意識変化の表れでは」(天沼聰社長)と同社は分析。

天沼聰社長天沼聰社長

同サービスは月額6800円〜の価格で、スタイリストにウェブ上でリクエストを伝えて商品交換を重ね、自分に合う洋服を一度に3着アクセスできる。30〜40代の働く女性や子育て世代を中心に、登録者30万人超にまで増やしている。

「例えばいつもはオフィスシーンでご利用いただいていた方も、リモートワークに移行したことで、少しカジュアルテイストをご希望される方もいます。様々なご要望を踏まえ、スタイリストがコーディネートしています」(同社長)

第485号(2020/4/10発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top