マックスガイHD、感染防止策を動画で共有 従業員にはマスク代1万円

検索

マックスガイHD、感染防止策を動画で共有 従業員にはマスク代1万円

2020年05月15日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

買取専門店「ザ・ゴールド」を78店舗運営するマックスガイHD(東京都中央区)では店頭での感染を徹底して防いでいる。

ザ・ゴールドの接客は会話重視だ。また出張買取の場合、主力顧客の年齢層が60代を超えるため、会話も長くなる傾向にある。こうした感染リスクを低減させるため、店頭での取組を社内に動画で共有した。

p2.png▲感染防止の取り組みを動画で社内共有

例えば店頭では、ソーシャルディスタンスを「思いやりの距離」と表現し、ポップを掲示。スタッフ用とお客用のイスを2メートル離し、査定中や会話中の飛沫感染防止を目指す。また、ペンはお客とスタッフ用で分け、接客終了時にはイスや机、ペンを除菌。名刺も手渡しではなく机越しに渡し、買取金は新札を渡す。また別途、従業員1人につきマスク50枚を配布すると同時に、マスクをしていないお客にも配布。

無題.png▲「思いやりの距離」ポップ

更に、「新型コロナウイルス対策支援金」として、役員除く全従業員に1万円を支給した。「マスクの品薄が続いており、従業員の中には手作りマスクで接客をするスタッフもいる。出勤してくれる店頭スタッフへの慰労と、マスク等の衛生用品購入代で1万円を支給することになった」(営業部中村ゆかり氏)。予算は250万円ほどで、雇用形態による金額差は設けない。4月分給与に上乗せする形で5月上旬に支給を行った。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第487号(2020/5/10発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top