ONZO、ヘッドホンを月々自由に交換 試聴から購入つなげる

検索

新型コロナウイルス対策に伴う当社の対応について

当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、従業員の原則在宅勤務を実施することにいたしました。

皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

各種お問い合わせにつきましては「お問合せフォーム」での対応とさせていただきます。

ONZO、ヘッドホンを月々自由に交換 試聴から購入つなげる

2020年05月18日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サブスク最前線

ヘッドホンのサブスク事業を手掛ける『ONZO(埼玉県さいたま市)』は1月、サービスを正式リリースした。既に約300人が会員登録している。

ONZOは約200種類のヘッドホンを自由に利用・交換できる。正式リリースに合わせ、一部商品の販売も新たに開始した。サブスクの試聴体験を通じて購入へとつなげたい考えだ。

サブスクで集客し販売で収益化を目指すサブスクで集客し販売で収益化を目指す

料金は送料込でスタンダードで月1980円~、プレミアムで月4980円~に設定した。「地方では触れられる商品が限定的で、仮に試聴できても実際に使う環境では試せない。購入前に商品を聴き比べできることが強みです」(知場啓志社長)

知場啓志社長知場啓志社長

同社は現在、7社のオーディオメーカーと提携し、商品を卸で仕入れる。特に6~7万円台のヘッドホン需要が大きいという。今後はレコメンド機能の搭載や、取扱う種類とカテゴリーを増やし、BtoB領域への進出を目指す。

第487号(2020/5/10発行)8面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top