Main Tent、古絵本をセレクトし自転車で配送

検索

Main Tent、古絵本をセレクトし自転車で配送

2020年06月03日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナの影響で従来通りの営業が難しい中、各リユース企業ではそれぞれ工夫を見せている。

コロナに負けず、営業に工夫 ~Main Tent~

東欧や国内の古書絵本を店頭販売するMainTent(東京都武蔵野市)は、新型コロナに際して、絵本のセット販売サービス「MAIN TENTの悪あがき大作戦」を開始した。

同サービスは、お客の好みに合った絵本を複数冊セレクトし、店舗のある吉祥寺から、店主自らが自転車に乗って届けるというもの。3月末から開始し、店舗付近などからすでに30件近く注文があったという。苦しい状況でも真面目になり過ぎないという考えをサービス名に込めている。

同店では3月時には客数が激減していたが、セット販売の効果で売上には大きな変化はなかった。4月の初旬には店舗を閉め、今はネットでのみ販売を受け付けている。

4800_01.jpg4月初旬店を閉めた

「付き合いのあるお客様やライターさんなどから購入頂いている。実店舗でこれまでやってきたからこそ助けられている。noteでは実情をお話ししてうちの厳しい雰囲気が伝わっているのでは」(冨樫チト店主)

第488号(2020/5/25発行)12面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる