《リユース×副業》コロナ禍で副業転売参入に波~HAM's~

検索

《リユース×副業》コロナ禍で副業転売参入に波~HAM's~

2020年06月04日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リユース・卸業者が商材支援

緊急事態宣言による時短や臨時休業を受けて、リユース実店舗の滞留在庫が増える一方で、不況による生活不安から副業として転売を始めるスモールBが増加している。リユース系の事業者や卸売業者の中には、これらの支援をすることでコロナ禍での三方良しを実現している事業者がいる。実態を調査した。

HAM's
古着店主催の転売サロン 1年で参加者150人超

古着店「イッテンストア」のHAM's(東京都新宿区)が運営する、古着転売の情報コミュニティ「えふらぼ」がコロナ前から順調に会員を増やしている。開設1年で150人程度が参加しており、現在も、ツイッターのみの集客で月30名ほどの参加希望を集めている。

同コミュニティは月額会費制の「オンラインサロン」形式で、チャットツール「ディスコード」にてクローズドな運営を行う。参加することで会員同士の商品の仕入れ・販売の相談や支援を受けることができ、「例えば在籍するプログラマーが開発した出品効率化ソフトや相場確認ツールを使えるほか、会員同士が得意商材の査定や相場等の質問に答えている」(日髙俊社長)

4805_01.pngHAM's 日髙 俊社長

参加には月額4800円が必要だが、輸入販売やアフィリエイト等の副業経験者からの期待は大きい。古着商材は仕入れのリスクが低く、月10万円程度を稼ぐ副業と相性が良いという。

一方、オンラインサロンでの課題は運営の持続性だ。ノウハウの共有のみでは離脱者が増えてしまうため、「ファッションや洋服が好きな者、興味を持つ者同士という情緒的つながりを重視する方針」(同氏)。そのため情報商材業者など、自身の古着転売を目的としない参加希望者は加入できないという。月30名ほどの参加希望者のうち、加入できるのは10~20名程度。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第488号(2020/5/25発行)14面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top