Piic、シェアエコを通じカメラ人口の拡大を目指す

検索

2020年10月20日(火)・21日(水)/時間:10:30〜18:00/会場:オンライン(EventHub)/通常:8,000/1人→超早割:先着300名 2000円/1人(税別)※1人1枚で全てのセミナーがWEBで視聴できます。

Piic、シェアエコを通じカメラ人口の拡大を目指す

2020年08月11日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ向けカメラのシェアリング

休眠機材の掘り起こし狙う

現在十数台のボディやレンズが利用できる現在十数台のボディやレンズが利用できる

今年4月設立のベンチャー、Piic(読み:ピーク、東京都品川区)が6月末からカメラのCtoBtoCシェアリングサービスを開始した。プロが利用するカメラのシェアリングを行い、休眠機材活用と、カメラ人口拡大を目指す。

同サービスは委託方式を取る。まず貸し手は、ピークに遊休状態のカメラを預ける。同社に到着後、サイトにカメラボディやレンズが掲載され、借り手が見つかった場合は同社が発送を行う。返却後のメンテナンスや管理も引き受ける。料金体系は3泊4日から借りられるデイリープランと月額制のマンスリープランに分かれており、例えばデイリーであれば、定価20万円程度のカメラ本体を1日2500円程度で利用できる。故障した場合の免責も一部用意する。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第493号(2020/8/10発行)6面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top